UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12158

タイトル: 15. Propagation of Spheroidal Disturbances on a Homogeneous Elastic Sphere
その他のタイトル: 15. 等方等質弾性球の表面を伝わるスフェロイド型の振動
著者: USAMI, Tatsuo
SATO, Yasuo
著者(別言語): 宇佐美, 龍夫
佐藤, 泰夫
発行日: 1964年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第2号, 1964.8.25, pp. 273-287
抄録: Theoretical seismograms of radial and colatitudinal displacement were calculated on the surface of a homogeneous elastic sphere for a transient stress acting on a small area around the pole. The axial symmetry was assumed and the disturbances were expressed as the sum of contribution of about 600 normal mode oscillations. The theoretical seismograms thus obtained show the following remarkable features. 1) The arrival times of body waves identified on the theoretical seismogram coincide well with the theoretically calculated travel time. 2) The fundamental mode contributes to the surface waves most, while the higher modes are closely connected with the phases of body waves. 3) Surface waves end abruptly and a calm follows, which fact can be inferred from the shape of the group velocity curve with a minimum value. Non-dimensional frequency, phase and group velocities of surface wave, common spectrum as a function of n and the travel time curve of various phases are also given in the figures.
1.筆者らはさきに,弾性球を伝わる捩れ波を球のいろいろなモードの固有捩れ振動の和として表わし,実際の地震によく似た理論地震記象を求めた.今回は同様な方法を用い,等方等質弾性球の極附近に半径方向の力が加わる場合の変位を,球面上の数点で計算した.2.理論地震記象をより精度の高いものとするために,筆者らが前に求めた固有振動数に,i=6~9,n≧0;i=1~5,n>60に対する固有振動数を追加計算した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12158
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0422001.pdf613.62 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください