UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12160

タイトル: 17. Tsunami in the Vicinity of a Wave Origin[II]
その他のタイトル: 17. 波源域における津波[II]
著者: MOMOI, Takao
著者(別言語): 挑井, 高夫
発行日: 1964年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第2号, 1964.8.25, pp. 369-381
抄録: This work is the continuation of the previous study on the generation of a tsunami in the near field for a three-dimensional case, which has been done by means of numerical calculation resorting to an electronic computer. The method of analysis follows nearly the same line as that in the previous paper of the same title. Such a method, with a little modification, makes it possible to compute further the wave height of a tsunami in the near field, even though it is very low in efficiency. According to the results of the computation, it turns out that: (1) the variation of waves at the central part is more rapid than in other parts: (2) as far as the later phase is concerned, at the central part of the wave origin and only in this part, the motion of the waves goes above the mean level of water. In other words, in the parts excluding the center the undulations are superposed on the tail of the long wave. From the second reason described above, the approximation of the shallow water seems to be still in use for the analysis of the phenomena in the present stage (t*=21~45).
本報告は,波源域における津波を電子計算機を用いて解明した前報告の続きであり,前報告では,第1波の変化を主に論じたのに対し,本報告では,第2波以下(later phase)の波について,数値解析をおこなつた.数値解析の方法は,前報告で用いたのとほぼ同じで,積分するときの分割方法を少し変えただけである.計算結果によれば,(1)波源域の丁度中心における津波の変化は他の部分の変化に比べて早く進行する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12160
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0422003.pdf553.47 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください