UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12163

タイトル: 20. Propagation of Spheroidal Disturbances on an Elastic Sphere with a Homogeneous Mantle and a Core
その他のタイトル: 20. 流体核のある等質等方弾性球の表面を伝わるスフェロイド型の振動
著者: SATO, Yasuo
USAMI, Tatsuo
著者(別言語): 佐藤, 泰夫
宇佐美, 龍夫
発行日: 1964年12月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第3号, 1964.12.25, pp. 407-425
抄録: Propagation of spheroidal disturbances on an elastic sphere with a homogeneous mantle and a liquid core was studied using the method of superposition of various normal mode oscillations. The theoretical seismograms thus obtained show similar characteristics with our previous study on a homogeneous sphere, the main features found in the present study being as follows: 1) Free oscillation periods show different features from the case of a homogeneous sphere. Moreover, there exists an extra branch which lies between the fundamental and first higher modes of the case of a homogeneous sphere. This is a kind of boundary waves between two media, the mantle and the core. 2) The phase and group velocities become very complicated by the existence of a core. 3) Reflected phase at the core-mantle boundary are found in theoretical seismograms. 4) Transmitted waves through the liquid core are also seen in the seismograms. 5) Diffracted waves in the shadow zone can also be traced.
1.筆者らはさきに,等質等方弾性球を伝わるスフェロイド型の波を,球のいろいろなモードの固有振動の和として表わし,実際の地震記象によく似た理論地震記象を求めた.今回は同様な方法を用い,流体核がある場合の等質等方弾性球の極附近に半径方向の力が加わる場合の変位を,球面上の数点で計算した.2.まず,固有振動数を求めた.これを各iに対しnの函数として示すと,等質等方弾性球のi=1とi=2という分枝の間に,特別な分枝(i=1'と名づける)のあることが分つた.半径方向の振幅分布を計算すると,この枝に属するモードは,核とマントルの境界面で振幅が著しく大きくなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12163
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0423001.pdf843.05 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください