UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12172

タイトル: 29. Report on Geomagnetic Survey in the Northwestern Pacific during JEDS-VI, JEDS-VII and JEDS-VIII Cruises
その他のタイトル: 29. 第六次,第七次,第八次深海観測航海における北西太平洋海域の地磁気測量結果
著者: UYEDA, Seiya
SATO, Takahiro
YABU, Takeo
WATANABE, Teruhiko
KAWADA, Kaoru
HAGIWARA, Yukio
著者(別言語): 上田, 誠也
佐藤, 任弘
安井, 正
藪, 武夫
渡部, 暉彦
川田, 薫
萩原, 幸男
発行日: 1964年12月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第3号, 1964.12.25, pp. 555-570
抄録: Geomagnetic total force was measured by a towed proton precession magnetometer in the north-western Pacific(142°E-160°E,40°N-44°N) during the cruises of M/S "Ryofu Maru" and M/S "Takuyo" in JEDS(Japanese Expedion of Deep Seas) VI, VII(1963) and VIII(1964). Together with the data obtained in a previous cruise in JEDS IV(1961) and the data by "Spencer F. Baird" of the Scripps Institution of Oceanography during the Japanyon Expedition(1961), a magnetic total force distribution chart in the area is tentatively obtained. Subtracting the regional trend, an anomaly chart is also drawn. The charts indicate that there are anomaly lineations in the NEE-SWW direction with an amplitude of several hundred gammas. The lineations are of a width of about 30km, and are not apparently associated with the bottom topography. Four sea mounts were surveyed somewhat closely and the anomalies associated with them mapped.
表記航海において,気象庁観測船"凌風丸",および水路部観測船"拓洋"に便乗し,プロトン磁力計によつて地磁気全磁力の測量を行なつた.海域は主として,142°E-160゜E,40°N-44°Nであり,従来の結果,および,Scripps海洋研究所観測船"Baird"号による結果をまとめて,全磁力分布図を得た.また,地域全休の分布を観測値からさし引くことによって,局地異常図もつくられた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12172
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0423010.pdf868.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください