UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12176

タイトル: 33. A Strike-Slip Fault Buried in a Layered Medium
その他のタイトル: 33. 横辷り型潜在断層
著者: KASAHARA, Keichi
著者(別言語): 笠原, 慶一
発行日: 1965年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第4号, 1965.3.15, pp. 609-619
抄録: The author presents an improved fault model so as we may deal with faulting in a medium with a surface layer. For simplicity's sake in mathematical treatment, the model assumes a two-dimensional strike-slip fault which extends from the bottom of the surface layer vertically down to a certain depth. In practice, the author applies the relaxation method to obtain the solution for several examples with various rigidity contrast and thickness of the surface layer. Crustal deformations associated with the Fukui earthquake seem to be attributed to a buried fault of strike-slip type. Comparison of the theory with the triangulation data proves that the present model explains the observations satisfactorily, if we apply the parameters properly. | 従来は均質弾性媒質に限られていた断層模型の適用範囲を拡張する目的で,一つの表層をもつ媒質内部に断層が出現する場合の変形を緩和法によつて取り扱つた.ただし,断層は二次元的横辷り型のものであり,表層の底部から垂直下方に,一定の深さまで延びているものとする.このような模型について,断層の深さ(幅)に対する表層の厚さを一定に保ちつつ二層の剛性率比を変化させた場合,および剛性率比を1/1に保ちながら表層の厚さを変化させた場合の数例について数値解を求めた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12176
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0424001.pdf579.15 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください