UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12178

タイトル: 35. Studies of the Thermal State of the Earth. : The 15th Paper : Variation of Thermal Conductivity of Rocks. Part 1
その他のタイトル: 35. 地球熱学 : 第15報 岩石の熱伝導率の温度変化 その1
著者: KAWADA, Kaoru
著者(別言語): 川田, 薫
発行日: 1965年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第4号, 1965.3.15, pp. 631-647
抄録: Thermal conductivity of dunite, peridotite, eclogite, hornblende-gabbro, basalt, serpentinized-peridotite, quartz-diorite, diorite andslate are measured in a temperature range 100℃~600℃ by amodified divided bar method. The reference substance used is nickelof which thermal conductivity was calibrated against crystallinequartz and fused silica. Thermal conductivity of all the rocksstudied decrease with temperature increase. The results are interpreted in terms of the phonon conduction theory and are used for determining the upper and lower limits of temperature at the Moho discontinuity beneath Japan.
ダンかんらん岩,かんらん岩,榴輝岩,角閃石一かんらん岩,石英片岩,片岩およびねん板岩の熱伝導率を,改良したdivided-bar装置で100℃から600℃の温度範囲で測定した.標準物質にはニッケルを用い,石英と溶融石英で検定した.すべての岩石の熱伝導率は温度の増加と共に一様に減少し,この現象はフォノン熱伝導で定性的に説明可能である.岩石の熱伝導率の測定結果は地殻中の温度分布を決定するのに使われた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12178
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0424003.pdf863.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください