UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12180

タイトル: 37. Construction of Refraction Diagrams of Tsunami[I]
その他のタイトル: 37. 津波の屈折図の作製[I]
著者: MOMOI, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1965年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第4号, 1965.3.15, pp. 729-739
抄録: The construction of wave refraction diagrams, which is a very tedious process by hand, was programmed for digital computers by Griswold. In this report, the program for wave refraction is also built up, allowing for a particular application to a tsunami. Water depths in the area to be studied, wave direction, and separation angle and ray separation of two neighbouring rays are fed into the computer. The computer converts the depth values to wave speed in the approximation of long wave, computes the path of the wave orthogonals, the refraction coefficients, and the wave heights, and calculates the time necessary for travelling the distance along the orthogonals.
従来,津波の屈折図は人の手によつて作製されていた.これは非常に労力を要し,かつ可成,個人差のある図がかかれる可能性がある.屈折図を電子計算機によつてかかせる試みは,すでにGriswoldにより(これは津波に限らず一般の波に対しておこなわれ,津波に対しては少々非能率的なブログラムと考えられる)おこなわれている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12180
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0424005.pdf498.56 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください