UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12182

タイトル: 1. Effects of Intervenient Boundaries on the Elastic Wave Propagation
その他のタイトル: 1. 境界の性質が弾性波の伝搬に及ぼす影響
著者: ONDA, Isao
著者(別言語): 音田, 功
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 1-14
抄録: Propagation of waves through various kinds of intervenient boundaries is systematically investigated in some simple models, namely the first and second order discontinuities and the perfectly continuous medium. The moduli of transmitted and reflected waves vary between maxima and minima with certain frequency intervals for the first order discontinuity and tend from one value to another for the second order discontinuity with increasing frequency. For the perfectly continuous medium, those vary monotoni- cally. It is necessary to observe the wide band spectrum of the reflected waves to discuss the nature of the boundary. The apparent phase velocity is determined from the phase of the complex transmission coefficient. It is faster in long period waves than in short ones.
地震波は一種の進行波であり,それを伝える場はたとえ等方と考えられるにしても不均質である.不均質媒質における波の表現から進行波だけを分離することはできないので,進行波の安定性を談論するためには,不均質媒質を挟んで両側に均質媒質を置いて,それらの中の特定方向に伝わる波を調べるという手段をとらなくてはならない.(このことについて,速度が一様に変化している場合について一つの証明を与えた.)今回はこのような立場から,簡単な問題を扱つた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12182
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431001.pdf686.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください