UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12184

タイトル: 3. Accuracy of Origin Time, Epicentre and Focal Depth of Local Earthquake Determined Routinely by the Japan Meteorological Agency
著者: AKI, Keiiti
著者(別言語): 安芸 , 敬一
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 23-38
抄録: 気象庁が業務として行なつている地震観測資料の処理は,最近電子計算器の利用によつて著しく進歩した.しかし,よく知られているように,気象庁で震源決定に用いる和達・鷺坂・益田の走時表は,爆破地震動研究グループによつて日本各地で観測された値とかなりくい違つている.そこで爆破グループの走時結果をよく説明するような地殼構造を基にして,気象庁地震月報の資料を用い,震源を決め直してみた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12184
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431003.pdf690.9 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください