UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12187

タイトル: 6. Seismicifry of Sakhalin
その他のタイトル: 6. Sakhalinにおける地震活動
著者: SOLOV'EV, Serguei L.
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 95-102
抄録: Sakhalinにおける地震活動は比較的活発であるが,最大のマグニチュードは61/2~63/4程度である.1909~1963年間のSakhalinの地表活動について,綜合科学研究所で観測した地震記録をもとに,頻度とマグニチュードとの関係,震央分布と地形,地震活動と地質構造並に中生代新生代の地層の厚さとの関係などについて検討し,それらの間に密接な関連のあることを示した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12187
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431006.pdf447.04 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください