UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12190

タイトル: 9. On the Tsunami which accompanied the Niigata Earthquake of June 16, 1964. : Source Deformation, Propagation and Tsunami Run-up
その他のタイトル: 9. 新潟地震の津波について : 浪源および伝播の問題
著者: HATORI, Tokutaro
著者(別言語): 羽鳥, 徳太郎
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 129-148
抄録: The distribution of inundation height along the coast near the tsunami source shows two peaks. This feature has close relation to the deformation of the sea bottom in the source area. From a refraction diagram, the initial crest-height at each station along the Japanese coast seems to follow Green's law. The distribution of tsunami energy seems to have been controlled by the submarine topography. The coast near the tsunami source seems to have received strong reflected waves from north Korea. As to other feature of propagation, long-waves propagated along the slope of the continental shelf seem to have existed. From several tide-gauge records, it was concluded that tsunami waves have uniformly decayed. Decay coefficient is approximately 0.043 per hour.
1964年6月16日13時02分,新潟県粟島附近で発生した地震(気象庁発表によれば,震央は38.4゜N,139.2°E,深さ40km,マグニチュード約7.7)に伴なつた津波は,浪源附近の沿岸で津波の高さ(M.S.L.上)4~5mに達し,広く日本海全域で観測された.各地の概要はTable 1に示す.この津波の規模は1900年以来,日本海に発生した4回の津波に比し最大で,1833年(天保4年)に今回とほぼ同地域で発生した津波に匹敵する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12190
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431009.pdf855.28 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください