UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12191

タイトル: 10. On the Tsunami which accompanied the Earthqtiake off the Northwest of Oga on May 7, 1964
その他のタイトル: 10. 昭和39年5月7日の男鹿北西沖地震の津波について
著者: HATORI, Tokutaro
著者(別言語): 羽鳥, 徳太郎
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 149-159
抄録: The tsunami, which was generated off the northwest of Oga Peninsula in Akita Prefecture, at 16 h 58m 7.7s(JST), May 7, 1964, was observed at many tide-gauge stations along the coast of the Japan Sea. The heights of tsunami were small. The epicenter of the earthquake was at 40°20'N, 139°00'E, with a depth of Okm and magnitude 6.9. The generating area of tsunami, which was extended 50~70km was estimated by means of an inverse refraction diagram from eight tide-gauge stations. At all the stations inspected, the initial motion of the tsunami was found to be directed upwards, showing that the crustal deformation which caused the tsunami was probably an upheaval in the source area. Generally speaking, the upheaval seems to have been small but somewhat conspicuous in the northeastern part of the tsunami source area.
昭和39年5月7日16時58分7.7秒,男鹿半島仲に発生した地震で,(気象庁によれば,40°20'N,139°00'E,h=0km,M=6.9)秋田県八郎潟干拓地域に可成りの被害を与えた.この地震に伴ない軽微な津波が発生し,北沿道南西部,東北地方西部沿岸における最高波高(全振幅)分布はFig.1のようになり,昭和14年5月1日男鹿地震の津波とほぼ同程度の規模である.従つて今回の津波は検潮流で計測し得る程度の大きさのため,現地調査を行わず各地から収集した13箇所の検潮記録について検討した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12191
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431010.pdf415.99 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください