UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12194

タイトル: 13. Ultrasonic Measurement of Elastic Constants of Rocks under High, Pressures
その他のタイトル: 13. 高圧下における岩石の弾性定数の測定
著者: KANAMORI, Hiroo
MIZUTANI, Hitoshi
著者(別言語): 金森, 博雄
水谷, 仁
発行日: 1965年7月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第1号, 1965.7.15, pp. 173-194
抄録: Ultrasonic determinations of elastic constants of various rocks under high pressures up to 10 kilobars were made. The measurement includes both P and S wave velocity determinations. Accuracies in P and S wave velocity measurements are 1 and 2 per cent respectively. The variation of elastic constants as a function of pressure together with the data of the modal analysis is reported. Discussions of the results are made with respect to the relation between P wave velocity VP and density ρ, the effect of the serpentinization and also the Poisson's ratio of the various kinds of rocks. A linear relation VP=(2.8ρ-1.3)±0.5km/sec is given. The partial serpentinization of 20 per cent reduces the P wave velocity of dunite to 7.5km/sec and 50 per cent serpentinization reduces it to 6.8km/sec. Although both eclogite and fresh dunite give about the same P wave velocity, eclogite gives a higher Poisson's ratio and density than dunite. P wave velocity, density and Poisson's ratio of fresh dunite are in the proximity of the values of the earth's upper mantle so far estimated from the seismological data. This is favourable to the peridotitic mantle hypothesis.
10kbまでのいろいろな岩石の弾性定数を測定した.測定法はジルコン酸鉛のトランスデューナーを用いて,P,Sの弾性波を発生し,その走時よりVP,VSを求めるものである.サンブルは直径22mm,長さ30~70mmの円柱状に成型し,空隙内に圧力媒体の油が浸み込むことを防止するため,薄い銅板でシールした.定時の測定には主に1Mc/secの水晶発振器を用いた.圧力装置には1000トンのケネディ型プレスを用いた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12194
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0431013.pdf1.24 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください