UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12199

タイトル: 18. Gravimetric and Geomagnetic Studies of Onikobe Area
その他のタイトル: 18. 鬼首地域の重力ならびに磁気測量
著者: RIKITAKE, Tsuneji
TAJIMA, Hirokazu
IZUTUYA, Sadakatu
HAGIWARA, Yukio
KAWADA, Kaoru
SASAI, Yoichi
著者(別言語): 力武, 常次
田島, 広一
井筒屋, 貞勝
萩原, 幸男
川田, 薫
笹井, 洋一
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 241-257
抄録: Gravity and magnetic surveys over the Onikobe area, which, occupying the north-west corner of the Miyagi Prefecture, is famous for a caldera-like topography, are described. It is the aim of these surveys to supplement an aeromagnetic survey conducted by Y. Kato and others as one of the targets of the project named "Combined Aeromagnetic-Gravity Studies of Calderas in Japan", U.S.-Japan Cooperative Science Program. A marked gravity low associated with magnetic highs was discovered in the central portion of the area. A depression of granitic basement of 1800m in depth is presumed there. The magnetic highs seem to be associated with andesite lavas forming the peaks which look like central cones. This data strongly suggests that the Onikobe area is a sort of caldera, this conclusion seeming to harmonize with the present geological view.
宮城県鬼首地域はカルデラ状の地形で知られているが,今回同地域においてラコスト重力計ならびにGIT磁力計による測量を行なつた.日米科学協力の一環として,「日本火山カルデラの航空磁気・重力測量」という協力研究があるが,鬼首地域はその測量対象の一つである.今回の研究は,地上での重力,磁気異常を求め,航空磁気測量の結果とあわせて,同地域の地下構造を明らかにすることを目的とした.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12199
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432002.pdf1.45 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください