UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12203

タイトル: 22. Compaction of Sedimentary Rock : A Consideration by the Theory of Porous Media
その他のタイトル: 22. 堆積岩の圧密 : 多孔性媒質理論による一考察
著者: NAGUMO, Shozaburo
著者(別言語): 南雲, 昭三郎
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 339-348
抄録: 多孔性媒質における外部応力による孔隙率変化の過程によつて,堆積岩の圧密現象を解析した.まず孔隙率の微小変化に対する圧密方程式を導き,それを積分することによつて圧密公式を求めた.理論曲線を深井戸の資料と比較することによつて圧密係数を求めた.主な結果は次の通りである.(1)多孔性媒質理論において孔隙率の対数と深度あるいは応力が直線的関係にあることが導かれる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12203
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432006.pdf470.1 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください