UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12205

タイトル: 24. A Digital, Tele-recorded, Long-Period Seismograph System
その他のタイトル: 24. ディジタル長周期無線地震計システム
著者: AKI, Keiiti
MATUMOTO, Hideteru
TSUJIURA, Masaru
MARUYAMA, Takuo
著者(別言語): 安芸 , 敬一
松本, 英照
辻浦, 賢
丸山, 卓男
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 381-397
抄録: 筑波山麓の地震研究所支所に長周期地震計用の観測点を新設した.地震計は直結式で振子周期15秒,検流計周期は90秒である.検流計のふれは,特殊な光学変換器を用いて,パルス位置変調の電気的信号となり,東京本郷の地震研究所新館まで無線によつて送られる.受信点で,信号は10進3桁の数値に変換され紙テープ上に記録される.同時に上2桁はアナログ変換されて常時自動平衡型記録器によつて記録される.サムプル間隔は2秒,ダイナミックレンヂは59dbである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12205
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432008.pdf1.3 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください