UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12206

タイトル: 25. On the Alaska Tsunami of March 28, 1964, as Observed along the Coast of Japan
その他のタイトル: 25. 日本における1964年3月のアラスカ津波について
著者: HATORI, Tokutaro
著者(別言語): 羽鳥, 徳太郎
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 399-408
抄録: Some features of the tsunami generated off the south coast of Alaska, USA, at 3h 36m(GMT), March 28, 1964 are investigated on the basis of tsunami records taken along the coast of Japan. Dispersion curves obtained from the record at Miyagi-Enoshima coincide pretty well with the calculation for the case of a continental shelf with a width of 40km and mean depth 500m, bordering an ocean 5000m deep. An appreciable phase change was observed at Miyagi-Enoshima 31 h 34m after the occurrence of the main shock. However, a cause for this phase change could not be defined. Making use of records taken at Miyagi-Enoshima, the decay coefficient of the tsunami waves is estimated to be approximately 0.010 per hour.
1964年3月28日3時36分(GMT)ころ,米国アラスカ南部近海に大地震が起り,アンカレヂに多大の被害が生じた.この地震に伴ない津波が発生し,全太平洋に伝搬した.日本でも地震より約6.5時間後から太平洋沿岸で津波を感じ,数日間観測された.U.S.C.G.S.の観測報告によれば,本震は61.1゜N,147.6°W,深さ20Kmに発生し,マグニチュードは8.5で,3月28,29,30日の3日間に起きたマグニチュード6.1以上の余震はFig.1に示すように,500~600kmの広範囲に分布している.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12206
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432009.pdf539.54 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください