UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12208

タイトル: 27. 関東地震後の関東地方における地震活動(第1報)
その他のタイトル: 27. On the Seismicity in the Kwanto District after the Great Kwanto Earthquake, September 1, 1923(Part 1)
著者: 浅野, 周三
著者(別言語): ASANO, Shuzo
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 421-427
抄録: 大地震後の震央地域における地震活動の長期間にわたる変動を調べるために,1923年9月1日の関東地震の震央地域の有感無感の地震の数を気象要覧,地震月報を用いて,1924年から1956年にわたつて調べた.有感,無感地震とも,1年間の数が1937~38年まで減少する傾向を示すことが明らかになつた.
It is important to investigate the long-period variation of seismicity in the epicentral region of a large earthquake. The Great Kwanto earthquake of September 1, 1923 was chosen since there has existed a fairly dense network of seismometers. The number of felt and unfelt earthquakes in the epicentral region, i.e. mainly Kanagawa Prefecture was counted. The data used are from Geophysical Review(from 1924 to 1950) and the Seismological Bulletin of Japan Meteorological Agency(from 1951 to 1956).
URI: http://hdl.handle.net/2261/12208
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432011.pdf344.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください