UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12209

タイトル: 28. 直視記録方式による長周期地震計(第3報)
その他のタイトル: 28. A Pen-Writing Long-Period Seismograph Part 3
著者: 辻浦, 賢
著者(別言語): TSUJIURA, Masaru
発行日: 1965年9月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第2号, 1965.9.20, pp. 429-440
抄録: 今回試作した地震計は,現在標準型長周期地震計として使用されているPress-Ewing(To=30sec, Tg=90sec)と同等の特性をもち,総合倍率3000倍(周期SO秒における値)を有する直視記録方式による長周期地震計,ならびに固有周期600秒の検流計の直結方式とほぼ同等の特性をもち,総合倍率1700倍(周期80秒)を有する直視記録方式による超長周期地震計である.
New seismographs by a visible recording device have been developed which permitswide adjustment of the response characteristics to ultra long-period as shown in Fig. 1. Inthis paper, we report on the seismographs designed as No. 3 in Fig. 1. The seismographs are; 1) long-period seismograph with double RC integrating network having transfer characteristic equivalent to a long-period galvanometer; 2) ultra long-period seismograph with single RC integrating network and triple RC integrating network con- nected in series through the DC amplifier.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12209
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0432012.pdf677.03 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください