UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12215

タイトル: 34. Analysis of the Results of the A.eromagnetic Surveys over Volcanoes in Japan(I)
その他のタイトル: 34. 本邦火山航空磁気測量結果の解析(1)
著者: HAGIWARA, Yukio
著者(別言語): 萩原, 幸男
発行日: 1965年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第3号, 1965.11.30, pp. 529-547
抄録: Magnetic anomaly over a volcano consists of two parts; theone arising from the magnetization of lava forming the centralcones and the caldera rims and the other due to the magnetizationof the interior of the volcano. The latter anomaly may be separatedfrom the former by calculating the aeromagnetic distribution at ahigher altitude. The author made use of the aeromagnetic mapsover Volcano Hakone and Volcano Towada for the actual computation. Moreover, auto-correlation functions were computed in order to emphasize prominent features of the anomalies. Analyses of these kinds may be of some use for inferring the interior of a volcano.
日米科学協力の一環として,1964年以来火山およびその周辺地域の航空磁気測量が行なわれて来たが,本論文ではそのうち箱根および十和田のデータについて解析を行なつてみた.磁気異常分布を波長の長い波と短い波とに分ければ,後者が地形とか地表付近の小さな地質構造の変化を表わしているのに対して,前者はより深い所の比較的大きな構造を表わすものとみてよい.ここでは実際に航空談の飛んだレベルより高い所を飛んだものと仮定して,その仮定レベル上の磁気異常を実際のデータより計算し,後者の影響を取り去つた結果を得た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12215
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0433005.pdf899.33 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください