UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12216

タイトル: 35. Studies of the Thermal State of the Earth. The 16 th Paper : Terrestrial Heat Flow in the Japan Sea(1)
その他のタイトル: 35. 地球熱学 : 第16報 日本海における海洋底地殼熱流量(1)
著者: YASUI, Masashi
WATANABE, Teruhiko
著者(別言語): 安井, 正
渡部, 暉彦
発行日: 1965年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第3号, 1965.11.30, pp. 549-563
抄録: Terrestrial heat flow has been determined at 30 localities in the Japan Sea. The average value of observed heat flow, 2.03×10-6cal/cm2 sec is higher than the world average. Though the heat flow is generally high the following features seem to exist; (a) a zone of slightly low values (1.8-2.0×lO-6cal/cm2 sec) runs in the middle of the Japan Sea roughly parallel to the Japanese island arc; (b) a region with heat flow less than 1.5×1O-6cal/cm2sec exists north of the Sado Island. However, these observations must be tested with further data. Possible effect of annual variation of bottom water temperature on the observed heat flow was examined. When the amplitude of the annual variation is 0.02℃, the expected disturbance is about 0.1×10-6cal/cm2sec.
日本海の地殼熱流量観測は舞鶴海洋気象台観測船「清風丸」により着手され,1964年日本海のほぼ全域に亘り30点の観測を行なつた.その平均値は2.03μcal/cm2secという異常に高い値であるが,日本列島に沿つて日本海中央部を走る他の部分よりやや低い熱流量を示す地帯,佐渡ケ島東北方のほぼ陸上の平均値に近い地域などの微細構造が見られるようである.より立入つた議論は1965年の諸種の観測結果を待つものであるが,日本海高熱流量のある程度の部分は新第三紀以降の火山活動によつてまかなわれうるかも知れない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12216
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0433006.pdf663.36 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください