UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12218

タイトル: 37. On Microtremors, IX. : Multiple Reflection Problem
その他のタイトル: 37. 常時微動について 第9報
著者: KANAI, Kiyoshi
TANAKA, Teiji
YOSHIZAWA, Shizuyo
著者(別言語): 金井, 清
田中, 貞二
吉沢, 静代
発行日: 1965年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第3号, 1965.11.30, pp. 577-588
抄録: 土層構造が比較的に単純な場所で,常時微動の地上地下の同時観測を行ない,頻度-周期解析のほかにフーリエ解析を行なつた.その結果として,地盤内の常時微動の卓越部分は,基盤から,ほぼ鉛直上方向に伝播してきた波が,地盤内で重複反射の現象を起こす理論で,よく説明できることがわかつた.このことは,一方で,常時微動が,かなり深い所をもぐつてくることになるわけであるが,富土山の中腹の横穴で行なつた常時微動の観測結果は,そのことを裏書きするものであつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12218
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0433008.pdf626.62 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください