UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12221

タイトル: 40. 粟島に発達する節理と断層
その他のタイトル: 40. Fracture Systems developed on the Island, Awa-shima, near the Epicenter of the Niigata Earthquake in 1964
著者: 村井, 勇
著者(別言語): MURAI, Isamu
発行日: 1965年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第3号, 1965.11.30, pp. 611-624
抄録: On June 16, a destructive earthquake occurred off the coast of Niigata. The epicenter was located on the spot about 10km off the southwest of a small island, Awashima. The magnitude was estimated as 7.5 (±0.2), causing serious damage on a wide area of the northern half of Niigata Prefecture and the southern part of Yamagata Prefecture. The earthquake was named after the town of Niigata City which suffered by destructive damage, especially on land consisting of soft ground, despite the distance beine about 40km from the eoicenter.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12221
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0433011.pdf919.33 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください