UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12223

タイトル: 42. Theoretical Seismograms of Spheroidal Type on the Surface of a Heterogeneous Spherical Earth
その他のタイトル: 42. 不均質弾性球の表面を伝わるスフェロイド型振動 : グーテンベルグ・ブレンA'モデルの場合
著者: USAMI, Tatsuo
SATO, Yasuo
LANDISMAN, Mark
著者(別言語): 宇佐美, 竜夫
佐藤, 泰夫
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 641-660
抄録: 1.筆者らは弾性球を伝わる擾乱の理論地震記象の研究をつづけて来たが,今回はその一環として現実的な地球の表面を伝わるスフェロイド型擾乱について計算をした.方法は従来と同じで,変位を自由振動の各モードの和として表わした.2.地球モデルとしては,グーテンベルグの速度分布,ブレンの密度分布A'を採用した.地殻はVP=6.30km/sec,VS=3.55km/secで厚さは32km,低速層を考え,密度の2次不連続の生じる深さは413km,核までの深さ2900km,核の内側でのVP=8.0km/sec,内核と外核の境界層の半径は1298,及1200kmで,この間でVPを急に変化させ,核を通る波の定時がグーテンベルグの求めたものと一致するようにした.地球の半径は6370km.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12223
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434001.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください