UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12224

タイトル: 43. The Mechanism of the Deep Earthquake that Occurred South of Honshu, Japan, on February 18, 1956
その他のタイトル: 43. 1956年2月18日本州南方沖の深発地震のメカニズム
著者: HONDA, Hirokichi
HIRASAWA, Tomowo
ICHIKAWA, Masaji
著者(別言語): 本多, 弘吉
平沢, 朋郎
市川, 政治
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 661-669
抄録: The mechanism of the deep earthquake that occurred south of Honshu, Japan, on February 18, 1956, has been studied by several seismologists. In the present paper, all the available data on the condensation and rarefaction of the P waves and the polarization angle of the S waves are presented. The ample data gives a fine example for the study of the source mechanism. And it is confirmed clearly that the mechanism of the earthquake can be explained by the double couple hypothesis.
1956年2月18日に本州南方沖に起こつた深発地震のメカニズムはすでに多くの人々によつて研究されている.本研究においては本邦および外国の観測所におけるこの地震のP波およびS波に関する観測結果をできるだけ多く集め,その豊富な材料に基いてこの地震のメカニズムはdoub lecouple(type II)の震原モデルによつて十分によく説明できることを確めた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12224
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434002.pdf407.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください