UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12231

タイトル: 50. Electrical Conductivity of Strained Rocks. The First Paper. : Laboratory Experiments on Sedimentary Rocks
その他のタイトル: 50. 岩石変形と電気伝導度変化(第1報) : 堆積岩についての室内実験
著者: YAMAZAKI, Yoshio
著者(別言語): 山崎, 良雄
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 783-802
抄録: Changes in the resistivity of tuff specimens are measured by a four-pole method and a bridge method. Simultaneous recordings of the change in the resistivity and the deformation of rock specimen make it clear that the rate of change in the resistivity of a pumice tuff specimen from Oya, Tochigi Prefecture, is of the same order as the strain and that the rate of a lapilli tuff specimen from Aburatsubo, Kanagawa Prefecture, is extremely larger, 102~103 times say, than the strain. The latter result supports Yokoyama's preliminary observation in situ. Yokoyama, who measured changes in the resistivity of the ground by tidal loading, reported an unusually large rate of change in the resistivity which approximately agrees with the rate as measured by the present laboratory experi- ment. Crude theories of electric conduction in such a material as tuff specimen are advanced. It is also pointed out that the electrical means as advanced here could possibly be applied to measuring extremely small changes in the earth's strain.
地殻に作用する歪力によつて,地殼を構成する物質の電気伝導度が変化するであろうという議論に対して一つの観測がある.それは横山泉により1951年から52年にわたり,神奈川県三浦市油壷附近でなされたものである.この観測によると,観測点近くの潮汐の変化により地殻の伸縮がおこり,この伸縮が10-6程度変るとき,地殼の電気伝導度,すなわち比抵抗が10-3の割合で変化することが観測された.つまり地殻の伸縮に対しての比抵抗変化率は102~103倍に達することとなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12231
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434009.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください