UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12232

タイトル: 51. Response Analysis of Tall Buildings to Strong Earthquake Motions. : Part 1 Linear Response of Core-wall Buildings
その他のタイトル: 51. 高層建築物の強震応答解析に関する研究 : 第1報 コアー式建物の線形応答
著者: OSAWA, Yutaka
著者(別言語): 大沢, 胖
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 803-817
抄録: The elastic response of a core-wall building to earthquake ground motions is analyzed. The core-wall building is assumed to be represented by a vibratory system having a uniform shear beam and a uniform cantilever with elastic restraint to rotation. The equation of vibration for this system is derived and the solution is given by modal expression. Using this modal solution the maximum response values of six core-wall buildings to two recorded earthquakes are obtained and the results are compared with those computed by modal analysis of "root mean square" type.
建物の中央部分に壁で囲まれだコアーをもつものは,耐震コアー式建物とよばれるが,これについて弾性範囲の地震応答解析による検討をおこなつた.この種建物の骨組はラーメン部分とコアー部分にかけて考えられるが,ここでは前者を剪断振動体,後者を回転抵抗を有する棒状の曲げ振動体におきかえ,連続体として振動方程式を府き,脚部固定の条件でその解を求めた.この解を用いてラーメン・壁寸法および階数の異なる6種煩の場合について2種類の強震記録に対する応答を計算し,その結果を"root mean square"法による値,1次振動のみ考えた場合と比較し,前者とはいずれもよく一致し,後者とも2,3の例外を除きかなりよく一致することを示した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12232
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434010.pdf559.96 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください