UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12233

タイトル: 52. On the Damage to Window Glass in Reinforced Concrete Buildings during the Earthquake of April 20, 1965
その他のタイトル: 52. 1965年4月20日の地震による鉄筋コンクリート建物窓ガラス被害に関する一考察
著者: OSAWA, Yutaka
MORISHITA, Toshizo
MURAKAMI, Masaya
著者(別言語): 大沢, 胖
森下, 利三
村上, 雅也
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 819-827
抄録: The damage to window glass in reinforced concrete buildingsduring the earthquake of April 20, 1965 is investigated. In order to interpret the cause of damage, the natural periods of the buildings were measured and the deflections were estimated using earthquake response analysis. The results indicate that the deflections areranged between 0.4 and 2.0cm which are between 1/5000 and 1/1000 in angle. From these results and the observation of damage it is concluded that the cause of damage to window glass is not by large displacement but by the "steel sash", "fixed" and "hardened putty".
昭和40年4月20日静岡県下におこつた地震により2,3の鉄筋コンクリートビルに窓ガラス被害が生じた.この地震は静岡その他で震度IVの中程度のもので,木造建物では全壊・半壊ともに皆無,壁のきれつなどの小被害が多少あつた程度で,道路その他の被害も軽微であつた.そこでなぜこの程度の地震で近代ビルの窓ガラスが割れたかを考察してみた.はじめガラス被害のあつた建物は骨組の柔らかい長周期のもので,地震特大変形をおこしてそれが窓ガラスに伝わり被害をおこしたと考え,建物の微動を測定して周期を求め,同地方の強震計記録を用いて地震応答解析により地震時の最大層間変位を推算した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12233
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434011.pdf552.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください