UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12234

タイトル: 53. 房総半島勝浦附近に発達する節理と断層
その他のタイトル: 53. The Fracture System developed in the Vicinity of Katsuura, the Boso Peninsula
著者: 村井, 勇
著者(別言語): MURAI, Isamu
発行日: 1966年3月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第43冊第4号, 1966.3.25, pp. 829-869
抄録: As a trial of his study on rock deformation, the writer has been carrying out a statistical research of fractures developed in the Tertiary formations of the Boso Peninsula. Some arguments relative to the results of this research are outlined in this paper. Many kinds of fractures are developed in rocks and some geologists have suggested that such fractures may offer an available clue for the deciphering of the mechanism of rock deformation. It may be possible to obtain some accurate information as regards the mechanism of rock fracturing, if a certain proper treatment of such fractures is designed and performed systematically.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12234
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0434012.pdf2.36 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください