UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12245

タイトル: Magnetization of Four Pacific Seamounts near the Japanese Islands
その他のタイトル: 日本列島沖の4個の海山の磁化について
著者: Uyeda, Seiya
Richards, Michael
著者(別言語): 上田, 誠也
Richards, Michael
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 179-213
抄録: The direction and magnitude of the magnetization of four seamounts in the Pacific near the Japanese Islands are computed, using the total magnetic force and topographic survey data reported previously (UYEDA et al., Bull. Earthq. Res. Inst., 42, 555-570, 1964). Computation is made following Vacquier's method in which uniform magnetization is assumed. The results indicate that these seamounts are magnetized normally in declination but much shallower or reversed in inclination compared with the present geomagnetic field. Depending on the relative intensity of induced magnetization and remanent magnetization, the estimated palaeomagnetic pole positions fall in the central to north Atlantic Ocean. Some Cretaceous index fossils were reported from one of the seamounts. Some speculations are made regarding the possible significance of the obtained pole positions on the movements of ocean floors.
本州東北部および北海道沖の太平洋に存在する4個の海山について,その測深結果および,磁気測量(プロトン磁力計による全磁力)結果にもとづき,磁化方向,強度を推定した.推定にはVacquierの方法を用い,計算はスタンフォード大学のIBM 7090によつて行なわれた.海山はいづれも現在の地球磁場に比べて順方向に帯磁しているが,伏角はいづれも小さく,上向きの場合もあることが結論された.磁化は残留磁化が主成分と考えられるので,この結果にもとずき,古地磁気学的磁極を計算すると,大西洋北部に比較的よく集中する.これらの海山の生成年代は中生代と考えられるので,ここに得られた結果は,太平洋底の移動によるものかもしれない.但し,その可能性を確めるには,更に多くの海山について同様の研究を行うことが必要である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12245
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441011.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください