UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12246

タイトル: Pressure Dependence of Rock Strength and Transition from Brittle Fracture to Ductile Flow.
その他のタイトル: 岩石の破壊強度と圧力との関係,並びに脆性-延性遷移
著者: Mogi, Kiyoo
著者(別言語): 茂木, 清夫
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 215-232
抄録: Different types of relations between compressive strength and confining pressure in dry rocks at room temperature are discussed on the basis of many available strength data, reported by various authors. Pressure dependence of strength is very different for different types of fractures and continuously changes from a brittle stage to a ductile stage. Average strength-pressure curves of each rock type are estimated. A simple rule for transition from brittle fracture to ductile flow is found. The transition rule is different between silicate rocks and carbonate rocks, this being attributed to different transition mechanisms in each case.
岩石の破壊強度と圧力の関係については,従来,脆性破壊に関するCoulomb law,延性破壊に関するMaximum Shear Stress Criterionが適用されると考えられてきた.しかし,本論文で多くの岩石の強度-圧力関係はこの様な単純な直線関係からはほど遠いものであることを示した.強度-圧力曲線は著しく彎曲し,脆性破壊領域から延性破壊領域へ徐々にその傾斜を減じ乍らうつりかわつている.すなわち,岩石強度の圧力依存性は,脆性-延性遷移過程を考慮することによつてはじめて統一的に理解される.また,脆性から延性への遷移条件について1つの簡単な法則が見出され,これにもとづいて遷移の機構を考察した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12246
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441012.pdf860.64 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください