UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12248

タイトル: 粟島の余効的変動
その他のタイトル: Postseismic Subsidence of Awashima Island
著者: 岡田, 惇
笠原, 慶一
著者(別言語): Okada, Atusi
Kasahara, Keichi
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 247-259
抄録: The writers worked out geodetic surveys on Awashima Island for the purpose of detecting postseismic effect in the land deformations thought to be associated with the Niigata Earthquake of 1964. The surveys were made by the following two techniques: differential tide observation, i.e. to compare tide-gage records at the Awashima (Uchiura and Kamaya) stations with those at neighboring stations on the mainland coast, and, resurvey of the previous sea level by use of biological mark remaining on the vertical surface of rock.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12248
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441014.pdf868.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください