UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12253

タイトル: Electro-Optical Measurement of Horizontal Strains Accumulating in the Swarm Earthquake Area (1).
その他のタイトル: 群発地震活動に伴う地殻変動の観測(1)
著者: Kasahara, Keichi
Okada, Atusi
著者(別言語): 笠原, 慶一
岡田, 惇
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 335-350
抄録: Since October, 1965, the authors repeated Geodimeter surveys for a base-line net in Matsushiro and observed horizontal strain accumulation successfully. The following are the conclusions drawn from them: 1) Strain, which predominates in the NS-direction, accumulated most actively during the period of November-December, 1965. Mode of the strains as represented by the principal axes harmonizes surprisingly well with the seismic force system there. 2) Accumulated strain energy reached an amount comparable to that of seismic energy. These sorts of information seem to suggest an inseparable relationship of the earth's strain to the seismic activity.
(1)まえがき 光波による精密基線測量を同一測線に対して反復実施することにより微小な地殻変動を検出することが可能である.地震研究所を中心に実施中のネオテクトニクス研究計画の一環として,筆者らは光波測量をこの研究分野に導入する試みを続けてきた.その結果,基線の設定や測定の方法, 測定結果の精度などについてある程度の見通しが得られるに至つた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12253
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441019.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください