UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12257

タイトル: On the Damage to Buildings and Other Structures during the Earthquake of January 23, 1966 in the Vicinity of Matsushiro
その他のタイトル: 昭和41年1月23日の松代附近の地震における家屋その他の被害について
著者: Osawa, Yutaka
著者(別言語): 大沢, 胖
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 419-421
抄録: 昭和40年夏以来ひん発地震の続いている松代附近で,昭和41年1月23日にかなり強い地震がおこり,松代町その他で震度Vと発表された.筆者はこの地震の発生した翌日現地におもむき,主として家屋被害の実状をしらべたので,その結果について簡単に報告する.気象庁の発表によれば,地震のおきたのは1月23日午後8時16分で震度は松代町,篠ノ井市,更北村でV長野市でIV,震源は36.6°N, 138.2°E (松代町と更北村の境の山地附近)となつている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12257
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441023.pdf268.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください