UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12258

タイトル: 松代群発地震地域とその周辺地方の地質
その他のタイトル: Geological Consideration on the Matsushiro Earthquake-Swarm since 1965 in Central Japan.
著者: 森本, 良平
村井, 勇
松田, 時彦
中村, 一明
恒石, 幸正
吉田, 鎮男
著者(別言語): Morimoto, Ryohei
Murai, Isamu
Matsuda, Tokihiko
Nakamura, Kazuaki
Tsuneishi, Yukimasa
Yoshida, Shizuo
発行日: 1966年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第1号, 1966.7.25, pp. 423-445
抄録: Geology of the main seismic area in and around the town of Matsushiro, the northern part of Nagano Prefecture, central Japan, is investigated by field and literature surveys for the better understanding of the earthquake-swarm which is now taking place. The Matsushiro earthquake-swarm started at the beginning of August, 1965. Since then, the local seismicity has become more active with occasional rise and fall.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12258
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0441024.pdf2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください