UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12260

タイトル: A Further Study of Diffraction of Tsunami Invading a Semi-circular Peninsula
その他のタイトル: 半円形の半島をおそった津波の回折 : 続報
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1966年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第2号, 1966.10.31, pp. 473-480
抄録: In this paper, further calculations of the waves around a peninsula were made. Then it is found that: (1) large wave height takes place near the root of a peninsula (which has already been ascertained in the previous paper), (2) rotating waves appear in a nearby part of the peninsula, (3) the incident waves are reflected in two parts, i.e., near the root of a peninsula and in a part of the tip of a headland and, between the above two zones of reflection, a discriminative line of discontinuity of phases is found.
前報告に続き本報告において,半島のまわりにおける津波の様子が論じられている.数値計算の結果,次のことが知られる. (1) 半島の根元近くに波高の大きい所が現われる(これはすでに前報告で知られている), (2) 沖合に回転する波が現われる, (3)進入波は2つの部分で反射される,すなわち半島の根元の近くと半島の先端近くとである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12260
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0442002.pdf271.92 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください