UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12264

タイトル: Three-Dimensional Distribution of Real Bouguer Anomalies from Gravity Values Observed at Various Elevations
その他のタイトル: ジオイド上のブーゲー異常と鉛直勾配
著者: Hagiwara, Yukio
著者(別言語): 萩原, 幸男
発行日: 1966年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第2号, 1966.10.31, pp. 519-530
抄録: The value of vertical gradient of gravity obtained by actual direct observations does not generally agree with the standard value. So if reductions are made on observed gravity values by adopting the standard value of gradient, appreciable errors in Bouguer anomaly are liable to result. Only by using the real value of vertical gradient at each respective gravity station, can 'real Bouguer anomaly'which is different from the customary one 'station Bouguer anomaly'be calculated. On the basis of the potential theory, the author obtained a mathematical relation existing between the two anomalies-real anomaly and station anomaly-in three-dimensional problems. The two anomalies can be connected through a 49x49 square matrix for example, so that the real Bouguer anomaly at the center of the 7x7 square on the geoid is included in the solutions of the simultaneous equations of 49 variables. This is an extension of Tsuboi's solution of the corresponding problem for the two-dimensional case.
重力の鉛直勾配は0.3086mgal/mであるとされるが,実測値は必ずしもこれと一致しない.したがつてもしも正しい勾配がわかつていたならば, 0.3086mgal/mを用いて高度補正をしたブーゲー異常とは異なるブーゲー異常をうるに違いない.坪井はこれを「其のブーゲー異常」と名づけ,これと従来のブーゲー異常とを関係づける2次元的数式を考案した.筆者はこれを3次元的関係に拡張するために改良し,実例として鬼首カルデラの重力異常値を計算した.その結果カルデラ縁の上では,この両異常の差が最大20mgalにもおよんだ.この事実は山岳地帯での重力測定値よりブーゲー異常を計算する場合に,この種の計算を無視できないことを物語つている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12264
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0442006.pdf619.7 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください