UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12265

タイトル: Geothermal and Magnetic Survey off the Coast of Sumatra. : 1. Presentation of Data.
その他のタイトル: スマトラ島沖の地熱及び地磁気調査 : 1. 観測結果
著者: Vacquier, V.
Taylor, P. T.
発行日: 1966年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第2号, 1966.10.31, pp. 531-540
抄録: Total magnetic intensity and terrestrial heat flow were observed along profiles off the coast of Sumatra. The topographic swell just seaward of the trench was found to have a heat flow greater than 1.5μcalcm-2 sec-1, as compared with a value of less than 1μcalcm-2 sec-1 both in the deep trench and seaward of the swell. It is suggested that there might be a band of high heat flow in front of all deep-sea trenches. The magnetic anomalies trend mostly east-west and do not follow the curve of the Indonesian island arc.
スマトラ島沖の印度洋において,地磁気全磁力および,地殻熱流量の調査が行なわれた.海溝沖合の海底台地では熱流量は, 1.5μcal/cm2secより大きく,海溝および,台地より海洋側での低い値(<1μcal/cm2sec)と対照的であることが判つた.このような帯状分布は,海溝地域一般にみられるものの如くである.地磁気異常帯の向きは主として東西であつて,インドネシア島弧の屈曲に沿うてはいない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12265
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0442007.pdf518.37 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください