UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12271

タイトル: Earthquake Strain Measurements in the ERI Main Building. : Part 1.
その他のタイトル: 地震研究所本館における地震時建物歪の測定 : 第1報
著者: Osawa, Yutaka
Tanaka, Teiji
Murakami, Masaya
Hosoda, Yoshihiko
著者(別言語): 大沢, 胖
田中, 貞二
村上, 雅也
細田, 良彦
発行日: 1966年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第2号, 1966.10.31, pp. 697-708
抄録: In order to investigate the earthquake response of buildings, the measurement of strains and stresses in the ERI main building during an earthquake was scheduled in 1962 and started to operate in 1963. During the construction of the building 29 strain meters were installed in the reinforced concrete columns and girders to detect the earthquake strains in concrete and in reinforcing bars, and 21 earth pressure meters were installed at each footing to measure the earth pressure during an earthquake. The outline of the building and the instrumentation are described, and some records are illustrated and compared with computed values.
地震研究所本館(鉄筋コンクリート造地上5階地下1階)が新築される際(1962~1965)骨組のなかに歪計・応力計・土圧計などを埋設して地震時の動的な歪や応力を測定する計画が立てられた.埋設された歪計の類はすべてカールソン式のもので,鉄筋コソクリート骨組内の鉄筋およびコンクリートの歪測定用が29個,コンクリート応力測定用2個,基礎底面の土圧測定用21個, 3階と4階の相対変位測定用の継目計2個である. (Figs. 1, 2および6参照)
URI: http://hdl.handle.net/2261/12271
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0442013.pdf522.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください