UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12280

タイトル: Accuracy of the Determination of Earthquake Source Parameters as Determined by Monte Carlo Method. : Observation on Indian Network
その他のタイトル: 発定時・震央等の決定精度をモンテ・カルロ法によって推定すること : インドに於ける観測の場合
著者: Skoko, Dragutin
Sato, Yasuo
Ochi, Itsue
Dutta, Tarun Kanti
著者(別言語): Skoko, Dragutin
佐藤, 泰夫
越智, 五江
Dutta, Tarun Kanti
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 893-900
抄録: 1) 地震の発震時・震央等の決定精度は,観測所の地理的分布および地震の起った場所によって大きな影響をうける.そして上記諸量を計算する際の誤差の期待値は,観測所の位置を固定して考えれば,震央の関数として定まって来る.この種の問題の一つとして,インドにある地震観測所のデータを用いて,この地方に起った地震について解析を行うならば,どの様な結果(誤差の地理的分布)が得られるかを調べて見た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12280
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443006.pdf378.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください