UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12281

タイトル: A Least Squares Method for the Focal Mechanism Determination from S Wave Data : Part I.
その他のタイトル: S波観測から地震のメカニズムを求める最小二乗法 : 第1報
著者: Hirasawa, Tomowo
著者(別言語): 平沢, 朋郎
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 901-918
抄録: A least squares method for the focal mechanism determination is given by use of S wave data, where the double couple hypothesis is assumed. The substantial idea of the method is based upon the assumption that a finite set of the residuals of the polarization angles of S waves for a particular earthquake is sampled from a population of the normal distribution, where the residual is defined as deviation of the observed polarization angle from that expected theoretically at an individual station. Because of the non-linearity of the problem the sum of squares of the residuals has secondary minima in some cases. For such cases the use of the statistical test for the significance of difference of the population variances is proposed in order to distinguish the most probable solution independent of the P wave observations.
S波のpolarization angleの観測値とdouble coupleの仮説に基く理論値の差(残差)を確率変数とみなし,残差平方和を最小にするメカニズムの解を求める解析的方法が与えられた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12281
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443007.pdf998.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください