UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12282

タイトル: A Least Squares Method for the Focal Mechanism Determination from S Wave Data; Part II Applied Examples and Statistical Discussions
その他のタイトル: S波観測から地震のメカニズムを求める最小二乗法 : 第2報;実例および統計的吟味
著者: Hirasawa, Tomowo
著者(別言語): 平沢, 朋郎
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 919-938
抄録: The method of least squares for the focal mechanism determination presented in Part I is successfully applied to 9 deep and intermediate earthquakes which occurred in the region of Japan. It is concluded by means of a statistical test for the goodness of fit that a set of the residuals of the polarization angles can be regarded as a sample from a normal population. It follows that the estimates obtained by the proposed method are the maximum likelihood estimates. The fault plane solutions for the 9 earthquakes determined from the S wave data alone show satisfactory agreements with the P wave observations. It justifies the double couple hypothesis which was assumed in deriving the least squares method.
第一報で与えられた最小二乗法が,日本付近に起った9ケの稍深発および探究地震に適用された.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12282
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443008.pdf927.88 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください