UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12283

タイトル: World-Wide Survey of the Regional Characteristics of Group Velocity Dispersion of Rayleigh Waves.
その他のタイトル: レーリー波群速度の地理的分布
著者: Santo, Tetsuo
Sato, Yasuo
著者(別言語): 三東, 哲夫
佐藤, 泰夫
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 939-964
抄録: Group velocity of Rayleigh waves was investigated along more than 200 paths over the vast area including Eurasia, Africa, Atlantic Ocean and Indian Ocean. It was found that Rayleigh wave group velocity could be numerically composed of a number of "standard dispersion curves". Utilizing this fact, the earth's surface was divided into twelve regions each having the standard dispersion character. Together with the previous results for Pacific Ocean area, a map was compiled which shows the regional characteristics of group velocity dispersion of Rayleigh waves. The results were well certificated by least square method. Division pattern thus obtained has, in general, good correlation with topographical conditions. Some exceptional regions, however, were revealed, from which discussions were made.
以前,太平洋海域についてレーリー波群速度の地理的分布をしらべたが,その時と同じ方法を用いて,今度はユーラシア,アフリカ両大陸,大西洋,印度洋両海域を含む広範な地域を,より多くの分散領域(夫々の領域内ではレーリー波が同一の分散性を示す領域)に分けることを試みた.夫夫の分散曲線は,第5図に示した通りである.更に,こうして分けられた各領域内でのレーリー波の郡速度をかりに未知として,各周期毎(20秒, 25秒, 30秒, 35秒, 40秒)の群速度を最小自乗法によって算出してみた結果,さきに各々の領域中に仮定した群速度の値と極めてよく一致した値がえられ,はじめに仮定した分散性や,分割図(第5図)が共に正しいことが立証された.以前の太平海域についての結果に対しても,同じ様な計算を今回行ってみたが,之もまた同様な結果であった(第7表及び第3図).
URI: http://hdl.handle.net/2261/12283
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443009.pdf1.49 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください