UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12285

タイトル: A Long Wave in the Vicinity of an Estuary [III].
その他のタイトル: 河口近傍における長波について[III]
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1009-1040
抄録: Succeeding the previous works under the same title, the theories on long waves around an estuary are developed under the approximations of the third, fourth, and fifth orders of the Bessel functions. A principle used in this paper is a method of the buffer domain devised by the author. The newly obtained facts are as follows : (1) In the interior of the canal, a valley of the amplitude is found, which was passed unnoticed in the previous works, (2) a trough line in the open sea bends down towards the mouth of the canal, which results in an entrance of a tongue-shaped valley of the amplitude inside the canal, (3) in front of the canal, isolines of phase take a trapezoid form, and (4), when kd=1.4 (k: a wave number, d: a half width of the canal), diverted waves appear in the open sea which advance along the straight coast causing high waves there.
前報告についで河口近傍における長波に関する理論がベッセル函数の第3,第4,第5近似のもとに展開されている.理論展開の原理は筆者によって導入されたbuffer domainの方法である.そして次のような事実が新しく知られた.すなわち,(1)水路の内部に振巾の谷が見られる(これは前報告においては看過された事実である),(2) 広海(open sea)における振巾の谷線(trough line)は河口に向って屈曲し,舌状の谷が河口の内部に入り込んでいる, (3) 水路前面において等位相線は梯形をなしている, (4) kd=1.4 (k: 波数, d: 水路の巾の半分の長さ)のとき,広海には河口よりそれてゆく波(diverted wave)が現われ,直線海岸で高波をおこしながら海岸にそって進む.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12285
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443011.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください