UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12288

タイトル: Volcanic Tremor of Kilauea Volcano, Hawaii, During July-December, 1963.
その他のタイトル: 1963年7月-12月間のハワイキラウエア火山の脈動
著者: Shimozuru, Daisuke
Kamo, Kosuke
Kinoshita, Willie T.
著者(別言語): 下鶴, 大輔
加茂, 幸介
Kinoshita, W. T.
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1093-1133
抄録: Two types of volcanic tremor were observed during July-December, 1963. One is accompanied by the eruptions in August and October and the other is associated with no eruptive activity. Spacial distribution of tremor amplitude in the case of the October eruption and amplitude spectra for various cases were studied from the records obtained by densely located seismometers in and around Kilauea caldera. The results imply that a) before and during the eruption, movement or feeding of magma occurs beneath the region of Halemaumau, b) lava seems to flow through a more or less continuous conduit from beneath Halemaumau to the east rift zone, and c) long-period tremor (2 sec.) is of deep origin and short period tremor seems to be related with surface lava extrusion.
日米科学協力の一環として実施されたキラウエア火山の地球物理学的研究において得られた表記期間中の火山性脈動の観測結果をまとめて報告する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12288
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443014.pdf2.3 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください