UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12290

タイトル: 光波測量による地殻変動の観測 : 第1報 中部日本における基線網設定
その他のタイトル: Observation of Horizontal Strain Accumulation by Electro-Optical Means. : 1. Construction of base-line networks in central Honshu, Japan.
著者: 笠原, 慶一
岡田, 惇
著者(別言語): Kasahara, Keichi
Okada, Atusi
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1149-1165
抄録: The authors and their collaborators have been conducting a research project since 1963 in order to apply electro-optical distance measuring techniques for detecting tectonic movements. In central Honshu, they chose several localities of geotectonic interest, where they constructed base-line network for repeatable surveys with a Geodimeter IV.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12290
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443016.pdf2.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください