UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12295

タイトル: Observation of Strong Earthquake Motions in Matsushiro Area.Part 1. : Empirical Formulae of Strong Earthquake Motions
その他のタイトル: 松代地域における強震計観測結果 : 第1報
著者: Kanai, Kiyoshi
Hirano, Kintaro
Yoshizawa, Shizuyo
Asada, Tetsutaro
著者(別言語): 金井, 治
平能, 金太郎
吉沢, 静代
浅田, 鉄太郎
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1269-1296
抄録: 地震研究所強震計観測センターでは, 1965年11月から地盤の性質のちがう保科と若穂で強震計観測を始め,その後,松代,川中島,更北,坂城に増設し, 6ケ所での観測を続けている.現在(6月11日)までに観測した最大加速度別地震数からは,次の関係が得られた.即ちN(a)=150,000a-2・5こゝに, aはgal単位の最大加速度, N(a)はaとa+50 galsの間の地震回数である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12295
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443021.pdf895.44 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください