UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12297

タイトル: Geomagnetic and Geoelectric Studies of the Matsushiro Earthquake Swarm (3).
その他のタイトル: 松代地震群の地球電磁気学的調査 (3)
著者: Rikitake, Tsuneji
Yukutake, Takesi
Yamazaki, Yoshio
Sawada, Munehisa
Sasai, Yoichi
Hagiwara, Yukio
Kawada, Kaoru
Yoshino Toshio
Shimomura, Takafumi
著者(別言語): 力武, 常次
行武, 毅
山崎, 良雄
沢田, 宗久
笹井, 洋一
萩原, 幸男
川田, 薫
吉野, 登志男
下村, 高史
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1335-1370
抄録: Geomagnetic observations have been continued over the Matsushiro area since the middle of October, 1965. The results of observations during the period from February to April are reported. Five-day means of the total intensity observed at the centre of the seismic area revealed small fluctuations amounting to approximately ±2γ. As a result of magnetic dip surveys repeated with an interval of two months, it has turned out that there are localities where magnetic inclination changed more than 1'. Magnetic dip surveys were extended over the Toyono-Nakano-Susaka area in association with an unusual upheaval of land observed. Changes of the same amount as those in the Matsushiro area are indicated there. No clear relation between the geomagnetic changes and the seismic activities has been obtained.
松代における全磁力の測定はその後も続けられ, 2月9日以来B測点では午前1時より2分間隔で6回自動的に測定するような装置に切りかえた.これは夜間の測定が昼間の測定よりよいデータを供するからである.この測定値と鹿野山の同時刻の値との差の5日平均の変動は±2γ程度のものであるが,これと地震活動との直接的な関係は明らかでない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12297
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443023.pdf1.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください