UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12299

タイトル: Natural Radioactivity in the Matsushiro Earthquake Area.
その他のタイトル: 松代における自然放射能測定
著者: Hagiwara, Yukio
著者(別言語): 萩原, 幸男
発行日: 1967年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第3号, 1967.1.30, pp. 1385-1395
抄録: Natural gamma-ray intensity patterns in Matsushiro Town and its adjacent area, Nagano Pref., reflect the principal variations in geology. Surface radiation ranges from about 3 to 12 microroentgens per hour. The high anomalies seem likely to occur around contact zones of different rock types, but no fault effect on gamma-ray intensity can be manifested. There is at present no reason that an eruption will be induced by the earthquake swarm around Mt. Minakamiyama where no evidence for emanation of radioactive gases was found.
松代群発地震地域の自然放射能を測定し,次の結果を得た. 1)鳥打峠断層では放射能異常は認められなかった. 2) 妻女山にはその周辺に比べて数μr/h程高い異常があり,これは青木層の分布と一致している. 3)奇妙山火山堆積物と玢岩-閃緑岩との不整合面ではいちじるしい放射能の変化が測定された. 4)奇妙山南斜面上に発達した扇状地に,群発地震によって生じた亀裂があるが,この付近で特に放射能異常は認められなかった. 5)皆神山中腹は放射能が低いが,山頂の平坦部では数μr/h高い. 6)松代南方の山地では別所層と玢岩-閃緑岩との接触面に沿って異常が高い.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12299
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0443025.pdf567.49 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください