UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12302

タイトル: Automatic Step-wise Gain Control of a Seismometer Amplifier for the Routine Observation of Small Earthquakes.
その他のタイトル: 微小地震常時観測のための地震計増幅器の階段的利得自動切換
著者: Matumoto, Hideteru
著者(別言語): 松本, 英照
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1435-1442
抄録: In the observation of micro-earthquakes, the trace amplitude of the seismogram which is recorded with an ordinary highly sensitive seismograph very often reaches the limited amplitude range of the recorder, and consequently the information of amplitude or correctness of S phase identification are lost. The quality of observation to give accurate data for the calculation of the hypocenter position and the determination of magnitude had been lowered by the trouble mentioned above. In this paper, the author intends to describe one of the useful steps to expand the dynamic range of the seismograph without giving trouble in the operation of the instrument or in the quality of the seismogram.
地震活動度研究室では紀伊半島における微小地震調査の経験から微小地震常時観測にたいする能率的観測態勢を確立した.1つは観測点配置について, 1つは装置についてであるが本文では使用する増幅器について開発された装置を紹介する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12302
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444003.pdf670.29 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください